DVD見聞録

酔拳
Drunken Master
・発売…ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
・音声…広東語(一部英語),英語
・字幕…日本語,英語
・本編…111分
 (廉価版)


英語シリーズその2です。(笑)
(蛇拳との2本パックだったのです。)

ええと,この商品,パッケージの中にお知らせチラシが入っています。
DVDマスターの広東語音声が一部欠落しているとのことで,
その部分を英語吹き替えで補っているとのことです。
チラシには英語になっている個所のカウントが全部書き出してあります。
前半に多いようです。

と,いうことで時々英会話になる流暢なDVDです。(笑)
字幕の漢字を読むのに熱中してるとあまり気にならない…。

さて,今回の衝撃の発見。
私の中の記憶では,酔拳と笑拳が混ざっていたらしいことです。
これはなかなか衝撃でした…。 長年のうちに記憶が相当捏造されていたようです。
で,酔拳の内容をほぼといって良いほど思い出せなかったのですが,
観てみると,どのシーンも見覚えがあることにまた衝撃を受けました。
そうか,これが酔拳だったのか!!,と。

…………もう,酔拳に限らずそうでしたが,
私は映画を,タイトルと内容をセットで記憶することが出来なかったみたいです。
おそらくこういうどこに属するのかわからない記憶が夢やら無意識やらにも影響してたのかと思います。

それはそうと,酔拳ですが,
食べ物を吐き出すシーンにはキラキラ処理なし(笑)と,
内容を覚えていないのになんかばッちぃイメージがあった理由がわかりました。(笑)
主人公はドラ息子で修行もサボるし,なんか好感が持てません。(笑)
でも,人は酔うと強くなるんだ,というイメージが深層意識に刷り込まれています。
私は酒が嫌いですが乗り物酔いで強くなることがあります。
なぜか酔拳のイメージは強烈なのです。
人は酔うと酔拳を使うのです。
子供の頃に得たこの常識は一生覆されないでしょう。


*音声解説*

DVDの特典としてよくある音声解説は,大概は映画と関係ない話だったりするので義務的に見るだけなのですが,なんと,このDVDの解説は,面白いです。ちゃんとその時映ってるシーンの解説もあります。

ところで,私は今回DVDを探していて,ふと,「いや待てよ,もしかして酔拳て想像の拳か?そうかもな,今の今まで本当にあると思っていたが,んな訳ねーよな,映画のネタだな」なんて考えたのですが,音声解説によると,本当にある,ということでよろしいらしいです。おおおおおー!!人はやはり酔うと酔拳を……。





目次に戻る

inserted by FC2 system