DVD見聞録

龍拳
Dragon Fist
・販売元…パラマウントジャパン
・音声…広東語,日本語
・字幕…日本語
・本編…96分
 (廉価版)


退屈な箇所が全くなく,オープニングの師匠の戦いからもう釘づけです。
達筆な漢字もたまらんです。

そしてやたらと格好いい展開の連続。
組み手というか,戦いのシーンが早くてよくわからんのでつい何回も観てしまいます。(笑)

ところで私は一つ大ボケをかましました。
小船で主人公御一行が登場するシーン,ちゃんと漕ぎ手がいたんですね。
主人公が自ら漕いでるんだと思ってました。(笑)
「偉いなー,頼もしいなー」なんて思って見てたら,何回目かでやっと気づきました。


*みどころ*

シリアスな展開の中で,唯一笑いを取っているのがライバルの前髪なのです。
笑拳でおじいさんをやっているなんて信じられません。(笑)

あと,百忍道場の娘さんとの会話のあと,下の道で右側から飛び蹴りが来ます。
その飛び蹴りを食らって左へ吹っ飛ぶ妄想がつい脳裏に浮かんでしまいます。

更に,どこにいるのかわからなくて探すと,すみっこでしょんぼりしている主人公。(笑)
すみっこにいることが多いけど,テレビ放送では写ったんだろうか,と今更心配をしました。


*歌*

日本語吹き替え版で流れる英語の歌が『Songs for Jackie Chan 復刻盤CD』に入っています。
声と効果音が挿入されているのですが格闘ゲームみたいで爽快です。





目次に戻る

inserted by FC2 system