DVD見聞録

蛇鶴八拳
Snake & Crane Arts of Shaolin
・販売元…NBCユニバーサルエンターテイメント
・音声…北京語,日本語
・字幕…日本語
・本編…100分
 (廉価版)


『じゃかくはっけん』と読みます。『へびつる』と読むのは私くらいなものでしょうか?(笑)

龍拳とは別の意味でシリアス調なのですが,
個人的には主人公の性格が終盤までイマイチ掴めなかったのと,
登場人物がかなり多いのとで,わりと混乱気味な印象でした。

登場人物がどれくらい多いかといいますと,
まず,少林寺に八つの流派があって,その八つのそれぞれから何人かの登場人物が…。
更に,少林寺とは関係ない奴らまでもが登場します。

設定がわかってから見る二回目からならアクションを見る余裕も出てきましたが,
一回目は字幕の漢字に釘付けでございました。(笑)

あと,男装の女の子がなぜ男装しているのかが最後まで謎でした…。


*みどころ*

紙を破るところ…。あれ本当に出来るんだろうか…。
あと食堂のメシがうまそうでたまらん…。
今回は雪が降ってたりして防寒着です。


*欠点*

冗長なシーンがあるところ。


*歌*

日本語吹き替え版で流れる英語の歌が『Songs for Jackie Chan 復刻盤CD』に入っています。
歌詞にはちゃんと蛇と鶴が出てきて映画の内容に沿っているのに,私の腐った脳にはなぜか,
"デンジャラスアイズ"が"エンジェルズスマイル"に聞こえます。
映画と関係ない聞き間違えすぎて自分が全く信用できない!!…と苦悶に満ちて頭を抱えます。





目次に戻る

inserted by FC2 system